人事労務ニュース
人事労務ニュース

定年再雇用時等に社会保険料の負担を軽減できる同日得喪の手続き2019/04/16
4月より電子メール等での労働条件の明示が可能になりました2019/04/09
パートが年休を取得した場合の賃金支払いにおける留意点2019/04/02
産業医に提供が求められる従業員の健康管理等に必要な情報2019/03/26
確認しておきたい平成31年度の社会保険料率2019/03/19

>> バックナンバーへ

当事務所の強み
ご挨拶

当法人は、個人事務所として2002年に創業しました。
創業以来、様々な困難に直面しつつも、皆様のご支援、ご指導を仰ぎながら歩んでまいりました。
お陰様をもちまして大過なく、成長できましたことを、ここにあらためて御礼申し上げます。

2018年に『松島社会保険労務士法人』へ組織変更し、安心して依頼できる事務所であり続けます。

厳しい時代ではありますが、今後も皆様のお役にたてますよう、さらなる業務の向上に努め、
お客様とともに一歩ずつ前進をしていきたいと思っております。

                                                代表社員 松島寛

小さな会社とサラリーマンのための「社会保険」の授業
小さな会社とサラリーマンのための「社会保険」の授業

第11回 「暑気払い」の帰り道にケガしても労災はおりない:通勤災害になるもの・ならないもの 
第10回 労災がおりるケガ・おりないケガ 
第9回 「ローサイが降りる」ケースはこんなにある:おもな労災保険給付一覧 
第8回 保険料で4倍損する「月末入社・月末退職」:入社日・退職日と社会保険料の関係
第7回 7月昇給の会社は「アタマがいい」理由:昇給と社会保険料の関係

>> 一覧へ

旬の特集
旬の特集

   

 今回の旬の特集では、働き方改革の中で注目されるフレックスタイム制について、制度の内容を押さえた上で、2019年4月から施行される法改正の内容も確認します。>> 本文へ

総務担当者のための今月のお仕事カレンダー
総務担当者のための今月のお仕事カレンダー

   

 今月は新卒者の入社月であるとともに、働き方改革関連法が成立したことに伴い改正された労働基準法等の施行月でもあります。また、5月には改元と大型連休も控えていることから、人事担当者にとっては、多くの業務が重なることが想定されます。
 スムーズに業務を進めるためにはタスク管理が肝心ですが、自分自身の健康管理にも気をつけながら業務を行うようにしましょう。>> 本文へ


社会保険の授業

メルマガバナー

お問合せ
松島社会保険労務士法人
〒154-0001
東京都世田谷区池尻
2-31-24 信田ビル6階
TEL:03-3413-3111
FAX:03-3413-1414
メールでのお問合せ